アッパーアーム補強

初期型S2000の弱点と言われるのがフロントサスペンションのアッパーアームブラケットの強度

開発された1999年頃よりも現代ではタイヤのグリップが上がった上に サイズもサーキット仕様だと18インチで265幅とかを履かせる人もいたりして 最悪の場合はブラケットの溶接が剥がれてきたりするらしい

その予防にはspoonから発売されているガゼットプレートを溶接して補強するのが一般的らしいのだが ショップによる溶接が必要なので 作業する人の腕前が出来上がりに影響するのがなんとなく気に入らなかった

そこで勧められたのがJUN MACHINE SHOP(田中工業株式会社)から発売されている「フロントアッパーアームブラケットブレース」というもの

取り寄せてもらっての取り付けを今日やってもらってきたので 写真で紹介しておこう

JUN フロントアッパーアームブラケットブレース

角度を変えてもう一枚

JUN フロントアッパーアームブラケットブレース(2)

このようにアッパーアームブラケットの間に取り付けて アームへの負荷を分散させるのが目的らしい
見た目もそんなにすごい補強をしている感もないし溶接もしないので こんなんで本当に予防になるのか?なんて思ってしまうが 実際に勧められた店で施工した人で溶接剥がれが発生したことはないとのこと
サーキットでの走行会などを頻繁に行っている店での実績なので信用して良いだろうと思った

ちなみに部品代と工賃を合わせて 44,280円也(税込)
作業時間は1時間程度だった
spoonのガゼットプレートだと部品代だけで54,000円(税別)なので 溶接を含む工賃込みだといくらになるか……

まあ私の場合はサーキット走行を行うつもりもないしフロントタイヤを極太サイズにする予定もないのだから 簡単にブラケットの剥がれが発生しないとは思うが このS2000を最低でもあと10万kmは保たせたいと思っているのでウィークポイントは潰しておきたかったのだ

あとはリアハブの新調を行えば不安要素はほぼ無くなるのだが 今のところはガタも出ていないので異音が出てきたら交換するとしよう

それにしてもいろいろと金の掛かる車だ……